忍者ブログ
なんかこう、ゲームとかする人のブログ。
ストーリーを書こう!

とか言ったものの、壮大過ぎる&ゲームが楽しくて
ストーリー追ってる時間がないなあ~。

また気が向いたときにやろう。
(行けたら行く的なアレ)
PR
太古の昔、神々の戦争により大地が大きく引き破かれた
大地の苦痛を悲しむ女神は涙を流し・・・

その涙が落ちた先には神秘の力を持つ木が育つ

その木は、やがてティアランと呼ばれるようになる

ティアランの神秘さに導かれた人々は、自らを守護者と呼び、

ティアランを守りながら、その根が張られた島に村を作り生きて行く

守護者たちはティアランの力が世間の目に触れぬよう、外部との接触を一切断ち

混沌の世を離れ、永遠の平和を祈りながら暮らしていく・・・



これがオープニング。「太古の昔、神々の戦争により大地が大きく引き破かれた」の部分は、TERAの非常に壮大なバックストーリーにあたるんだと思いますが、本当に壮大過ぎてちょっとやそっとじゃ説明できないので、必要なときに必要な部分だけ説明する、ということにしましょうかね。


主人公(プレイヤー)はその守護者と呼ばれる者の一人です。日々、ティアランと村(ティアラニア)の子供たちを守りながら平和に暮らしていました。
しかしある日、ティアラニアのことが外部に漏れてしまったのか何者かが攻め込んできてティアランの子らをさらっていってしまったのです。

誰も見ていないブログを数年ぶりに更新する際の挨拶というのは非常に難しい・・・。

さて、PCが壊れてからネットゲーム等から随分と遠ざかっていたのですが、私が初めて遊んだMMO、「MU奇跡の大地」というゲームの続編?にあたる「MU LEGEND」のサービスが始まったと聞いて(あとすっごいヒマだった)、新しいPCを買いました!
まあ、その「MU LEGEND」はある一定以上強くなろうと思うと巨額の課金をしなくてはいけない(と個人的に思った)ゲームだったので、ちょっと無理だなーと2ヶ月で辞めましたが。
そんなとき、引退復帰を繰り返してた「TERA」でクラシックサーバーなる催し物をしているとの情報を聞きつけ、何度目かわからない復帰をしてみました。
そのクラシックサーバーというのはなんぞやと言いますと、2013年当時のTERAを再現したサーバーで、要するに私が熱中して遊んでいたころのTERAが遊べるよっていうことですね。結局のところ、途中で復帰をしてみたものの完全に浦島太郎状態で何をしていいやらよくわからなくて、なんか面白くないなあつってまた引退する・・・っていう流れが多かったので、これは個人的にとてもいい企画だと思いましたね。
そして今はクラシックじゃないサーバー、ヴェッリックサーバーとして最新のアップデートを楽しんでいるというわけです。

で、まあ日々のTERA生活なんかを綴ろうかなとも思ったのですが、一個前の記事を見てもらえればわかるように続くわけないんですよね、そういうの。そういう性格じゃないもん、俺。
じゃあなんで更新したんだって話なんですけど、オープン当時から考えて結構な時間というか期間TERAで遊んでるけど、ストーリーってほとんど知らないなあと思って、それならブログに記録しながらちゃんとストーリーを追っていこうかなんて思った次第でございます。
つまり、誰かに見せるというよりは自分で読み返すのが目的でブログを書いていこうかと思ってます。

まあ、どうかな?続くんかな?というところではありますが、とりあえず次回からストーリーを描いていきます。

当然更新しないんですけど。

ふっちゃけ、ブログなんか書いてる暇あったらゲームするわな。

ギルドの皆さんとどっか行くっていう位なら困らない程度の装備は揃ったので、プリもはじめてみました。メインはバサです。

実はLv58のプリがいるんですけど、触ってみたらスキルとか操作方法とか全然わからなくて、それやったら1から作った方がPTプレイも慣れれるしええかなって。全然PTないけどな。

まあ、楽しいです。
何度か休止・復帰を繰り返したTERAですが
またもや復帰してみました。

最初はガンナーが出来たってんでやり始めたんですが
性に合わなかったんで
新しく盾も出来るようになったバサでがんばってます。

ビックリするくらい下手になってます。



楽しいです。
忍者カウンター
プロフィール
HN:
ろぅず
性別:
男性
自己紹介:
いろいろと挫折したまま引き摺られるように前に進んだのち、それなりに幸せな生活を送るおっさんの魂を描くブログ。ほぼ更新されないのが特徴。
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者ブログ [PR]